English | 中国語

キャリア・人事制度・福利厚生

  • HOME>
  • 採用情報 >
  • 社員インタビュー (現オペレーションディレクター(運営部長))
オペレーションディレクター(運営部長) 田辺健司

オペレーションディレクター(運営部長) 田辺健司

2004年9月 幕張倉庫店 副倉庫店長として中途入社
2008年1月 尼崎倉庫店 倉庫店長に昇進
2013年7月 千葉ニュータウン倉庫店 倉庫店長に異動
2013年9月 オペレーションディレクター(運営部長)昇進

現在の事業環境をどう捉えていますか?
現在日本が直面しているデフレ経済の影響で、価格競争は一段と激しくなっており、小売業界における事業環境は一段と厳しくなってきています。また一方で消費者は、消費を通じて生活を豊かにする事も大切にしています。従って今小売業者に求められているものは、単なる価格の安さだけではなく、商品を通じた生活の豊かさに対する貢献だと思います。コストコは、認知度が高く、ハイクラスな有名ブランドやナショナルブランドを、どこよりも競争力のある値段と圧倒的な物量で販売し、ショッピングを通じてメンバーを魅了する事を重要なメンバーサービスだと考えています。そのメンバーに新しいメンバーをお連れ頂く事により、コストコは、一般的な小売業が行う、テレビコマーシャルや、新聞折込チラシ等の広告宣伝を行わず、事業を拡大できるのです。
今後の事業展開を聞かせてください。
年間に4から5の倉庫店を新規出店し、今後10年で50倉庫店以上の事業規模に拡大する予定です。
中途入社の方に何を期待されますか?
他社で経験された、仕事をする為の基礎能力です。そのレベルは、ポジションによって異なりますが、例え違う業界であっても、お客様に満足して頂く為に、効率よく仕事をしていく為に、また他の従業員が働きやすい職場を作る為に、自分が何をしなければならないのかを理解し、それを実践できる能力は共通だと思います。また、この業界で役立てられる業務知識、例えば英語や営業数値管理等の知識があれば、さらにすばらしいと思います。コストコは、定期採用中心の会社ではなく、採用の多様化を実践している会社です。是非ご自身のキャリアをコストコで活かして頂きたいと思います。
コストコだからこそできる、携われる仕事だというものはありますか?
コストコは、店内装飾なし、BGMなし、広告宣伝なし、セルフサービスを基本とし、一部のカードを除き、現金の取り扱いを基本とします。 またビジネスメンバーを対象とした卸売りの機能があり、事業の根幹としてのメンバーシップがあります。さらに倉庫店内では、アメリカのオペレーションをそのまま導入する事により、アメリカでのショッピングを擬似体験できます。これらはすべて、一般的な小売業とは決定的に違う要素であり、私達それぞれの仕事は、コストコだからこそ携われるものだと思います。
求められる資質、専門性を教えてください。
コストコは、大きな本社組織を持ちません。従って現場での判断、実行力が極めて重要となります。法律、規則、ルールを守りながら、いかに自分自身のビジネスとして仕事に取り組めるかという、オーナーシップが仕事を進める上で求められます。倉庫店で働く上では、特に専門性は必要ありません。ただ、将来的に副倉庫店長以上まで昇進したい、或いは直接、副倉庫店長以上のポジションで採用されたいと思う方は。ビジネスレベルの英会話能力が求められます。
コストコの社風や職場の雰囲気を聞かせてください。
コストコは商品、オペレーションをなるべくアメリカのものをそのままに、日本に導入してきました。社風や社内の人事制度についても同じです。コストコは「CODE OF ETHICS」という倫理綱領を持ち、私達従業員は、この規定を厳格に遵守しています。それは、1. 法律の遵守 2. 会員に対する心遣い 3. 従業員に対する心遣い 4.納入業者への敬意 5. 株主に報酬をもたらすという5項目です。特に従業員に対する心遣いで大切にしているのが、「OPEN DOOR POLICY」です。このポリシーは上司と話しやすい社風を作る為に、従業員が問題を抱えた場合、上司と口頭または文書でコンタクトを取れるという制度です。直属の上司で満足できない場合は、さらに上の上司へと話ができます。実際に、倉庫店長室のドアは常にオープンしてあり、従業員が気楽に入って来られるようになっています。また経営陣の過半数を社内から昇進させているように、コストコは従業員のキャリアアップと社内昇進を奨励しています。従業員を大切にし、従業員とともに成長していく事がコストコの社風です。
コストコで働きたいと思っている求職者の方に何を伝えたいですか?
私は大学を卒業後、大手小売業に就職し、約30年間、この小売業界で働いています。その間、香港勤務、米国勤務、他の国内外資系小売業勤務といろいろな経験をさせて頂きました。小売業界と言うとまず、仕入れ、販売の仕事がイメージされると思います。もちろん、それもビジネスの根幹をなす仕事として重要な仕事ですが、それ以外にもいろいろな職種があり、それぞれが会社発展の為に重要な役割を果たしています。事実、私もこの30年間の中で、一番長く在籍した部門は、人事部門でした。他にも、海外駐在、商品開発、マーケティングを経験し、現在ではコストコで倉庫店のオペレーションを経験しています。小売業界の良さとは、同じ会社に所属しながら、ジョブローテーションにより、いろいろな仕事を経験でき、その仕事を通じて自分自身が成長できるという事だと思います。幸いコストコは、外資系にはめずらしく、「従業員の成長が、会社のビジネスの発展を支える」と考え、実践している会社で、従業員を自ら育成し、キャリアアップさせる事に力を注いでいます。仕事を通じて、自分自身を成長させ、この業界での活躍を目指す皆さん、是非これからの人生設計をコストコで考えられてはいかがでしょうか?