English | 中国語

コストコの歴史

コストコの歴史

コストコ社のはじまりは1976年、カリフォルニア州サンディエゴにある飛行機の格納庫を改造して作られた「プライスクラブ」という名前の倉庫店でした。従来は、小規模ビジネスを対象に展開をしてきましたが、特定個人のお客様にご利用いただく事により、大型会員制倉庫店と生まれ変わりました。1983年には「コストコ」の最初の倉庫店がワシントン州シアトルにオープンしました。コストコは、アメリカ国内において創業後わずか6年未満でその売上をゼロから30億ドル(約3,000億円)までに達成させた最初の会社となったのです。

1993年には「コストコ」と「プライスクラブ」が合併し、「プライスコストコ」という名で206倉庫店を有し、年間160億ドル(約1兆6千億円)を売り上げました。 コストコ社の企業哲学は「常に経費を節約し、その分を会員の皆様に還元していこう」という、大変シンプルなものです。会員制というしっかりとした基盤と強大な購買力、そして私たちの限りない効率化への追求が相まって、「会員の皆様への可能な限りの低価格」が実現しております。1997年に「コストコホールセール」と正式に社名を改めて以来、私たちはこれまで世界中の700をこえるウェアハウス(=倉庫店)を出店することができました。

コストコの日本での最初の出店は1999年、福岡県糟屋郡の久山倉庫店でした。現在、久山倉庫店のほか、幕張倉庫店(千葉市)、多摩境倉庫店(町田市)、尼崎倉庫店(尼崎市)、金沢シーサイド倉庫店(横浜市)、川崎倉庫店(川崎市)、札幌倉庫店(札幌市)、入間倉庫店(入間市)そして新三郷倉庫店(三郷市)、前橋倉庫店(前橋市)、京都八幡倉庫店(八幡市)、座間倉庫店(座間市)、神戸倉庫店(神戸市)、北九州倉庫店(北九州市)、広島倉庫店(広島市)、つくば倉庫店(つくば市)、千葉ニュータウン倉庫店(印西市)、中部空港倉庫店(常滑市)、ひたちなか倉庫店(ひたちなか市)、和泉倉庫店(和泉市)、かみのやま倉庫店(上山市)、野々市倉庫店(野々市市)、射水倉庫店(射水市)、岐阜羽島倉庫店(羽島市)、富谷倉庫店(富谷町)の25の倉庫店を運営しております。